フィールドJOBサーチ|「ラウンダー」ってどんな仕事?

今回は「ラウンダー」というお仕事について説明いたします。

はじめて「ラウンダー」という言葉を聞いた方にも、
分かりやすいようまとめました。

フィールドJOBサーチでご紹介するラウンダーのお仕事は、
1訪問あたりで報酬が発生する「業務委託」のお仕事から、
「派遣社員」、「契約社員」でのお仕事もご紹介しています。

「まずは業務委託で1回」

「お仕事に慣れてきたら派遣社員として週3日」

「お時間に余裕ができたらフルタイム」
というような流れでライフスタイルに合わせて、
ラウンダーのお仕事を探すことが可能です♪

「ラウンダー」とは?

〜店舗と一緒に「魅力的な売場づくり」「売上アップ」の実現〜


メーカーの営業担当のサポートとして、
量販店(スーパーマーケット、ドラックストアなど)の
対象店舗を巡回するスタッフを「ラウンダー」と呼んでいます。

※ラウンダーの他に「フィールドスタッフ」、
「店舗巡回スタッフ」などと呼ばれます。

量販店は日本各地に数えきれないほどあります。
地域のスタッフとして、ラウンダーを配置することで、
店舗の売場を手厚くサポートすることができます。

ラウンダーは「店舗」と「来店するお客様」と「メーカーの商品」をつなぐ、
大切な役割を担っています。

ラウンダーの業務について

〜具体的な業務とは?〜


ラウンダーの業務は毎月1〜2回、
スーパーマーケットやドラッグストア等の店舗の売場を
定期的に訪問巡回いただく活動がベースとなります。

店内におけるメーカー商品の露出を増やすため、
お店の担当者様とコミュニケーションをとりながら、
『売れる』売場づくりをおこないます。

来店されるお客様の嗜好や、
周辺の店舗の売れ筋の動向等を把握し、
店舗の売場担当者との情報共有をすることで、
信頼関係をしっかりと構築していきます。

思い描いたような売場ができあがり、
店舗での対象商品の売上が上がった時は、達成感を得られます。
また、“お客様”から感謝されることは、大きなやりがいにもつながります。

店舗内での具体的な業務は、
商品の陳列と補充のサポート、POP(販促物)の設置、
売場のディスプレイの提案、売場の獲得交渉、
新商品の案内などをおこないます。

採用担当者に聞いてみた

〜ラウンダーに必要なことは?〜


ラウンダーの業務は、
コミュニケーション能力が重視される傾向があります。
人と接する仕事のため、
ビジネスマナーは最低限身に付けておいた方が良いでしょう。

また車での移動がメインになるため、
普通自動車免許が必要になる場合が多いです。
都心については、一部電車移動可となる場合もございます。

〜働き方は?〜


ラウンダーの働き方は大きく分けて、
「フルタイム」と「扶養範囲内」の2パターンがあり、
いつも売場を見ている主婦(主夫)だからこそ分かる目線が
お仕事に活かせることもポイントです。

基本的にご自宅から担当店舗へは直行直帰で巡回することが多く、
お仕事が終わればご自宅に帰ることができます。

〜訪問時間は?アポイントは必要?〜


基本的に平日の開店時間内にお店を訪問します。
店舗担当者から日時を指定される場合もあります。

ほとんどが、事前のアポイントは取らず訪問しますが、
お昼時や夕方以降、土日祝日など
お店が忙しい時間帯は訪問が禁止されていることも多いです。

最後に

フィールドJOBサーチを運営する
ソフトブレーン・フィールド株式会社では、
約6万人の登録者の方が日々ラウンダー業務をはじめ、
様々なお仕事をされています。

「ラウンダー以外のお仕事はないの?」
「覆面調査に興味がある!」
「在宅のお仕事ならしてみたい!」
といった方向けに、お住まいの近くでお仕事が発生した際に、
お仕事情報をメールでお知らせするというサービスをしています。

姉妹サイトのキャストサポートシステム
ぷちっとな!も是非、ご登録ください。