フィールドJOBサーチ|店舗仕事で前職のブランクをどう埋める?ラウンダーで生かせる経験

今日、【主婦目線を生かすことができる】と注目を浴びているラウンダーの仕事ですが、実際、業務をおこうなう上で、これまでの経験やスキルはどのように生かすことができるのでしょうか。
特に前職とのブランクが長い方やあまり職歴が無いという方は、ラウンダーの仕事に興味があると同時に不安を抱く方も多いでしょう。
今回はそのような方の疑問や不安を解消していきます。

ラウンダーの仕事で生かせる経験やスキルとは?

ラウンダーの実務には営業や販売、接客などの経験をすぐに生かすことができるでしょう。
特にメーカーや問屋、卸売業者などでスーパーや量販店に商品を卸すことに加え、販売してもらうような仕事に関わってきた方の場合、クライアントとのリレーションシップ構築や自社製品の販促活動などの経験はラウンダーの仕事をする上でとても貴重な経験です。
また、店頭で販売活動をしてきた方の場合も販売スキルをそのまま生かすことができます。
さらにラウンダーの仕事に限りませんが、最低限のビジネスマナーは必要です。
気持ちの良い挨拶や名刺交換など社会人として常識の範疇にあるマナーは身についている必要があります。

経験やスキルがないとムリ?

それでは前職を辞めてから子育てなどを挟んでかなりブランクのある方や、先ほどご紹介したような経験やスキルなどがそもそもない場合にはどうなるのでしょうか。
結論から先に申し上げると、それほど心配することはないと言えます。
なぜなら、実際にラウンダーの仕事を始めた方のほとんどが未経験者からのスタートである場合が多いからです。
ラウンダーの仕事を始める前から必要なスキルを最初からすべて持っている方はほぼ皆無といってよく、そのようなスキルは仕事や研修などを通じて、徐々に習得していくことができます。
また、過去にどのような仕事のスキルを持っている方でも、直接的あるいは間接的にその経験やスキルをラウンダーの仕事に生かせる場面が出てくるでしょう。
そこでどのように過去の経験が生かせるのかイメージを把握していただくために、次に具体例を挙げてご紹介していきます。

こんな形で生きる経験やスキル

ラウンダーの仕事に直結するキャリアでなくても、何かしらの形でこれまでの経験やスキルを生かすことはできます。
例えば、秘書業務を経験してきた方の場合、対人関係の基本的なマナーやスキルを、生かすことができます。
また販売店の担当者から意見や提案などを上手く引き出していき、リレーションシップを構築する際に役立ちます。
販売店からの要望を本部などに正確にフィードバックするといった場面でこれまでの経験やスキルが役に立つ場合が多いです。
また、営業職とは一見無関係に見える事務職の経験がある方なら、事務処理や正確性が求められる場面で経験が生きることがあります。
さらに、あまり職歴が無い方でも、お子様がいて子育ての経験があれば、お母さん目線が必要な商品ではその経験や視点を生かしながら、売り場の商品陳列をおこなったり、販売店の自社製品の陳列などで創意工夫をすることができるでしょう。

必要な資格などは?

ラウンダーの仕事に直結するキャリアでなくても、何かしらの形でこれまでの経験やスキルを生かすことはできます。
例えば、秘書業務を経験してきた方の場合、対人関係の基本的なマナーやスキルを、生かすことができます。
また販売店の担当者から意見や提案などを上手く引き出していき、リレーションシップを構築する際に役立ちます。
販売店からの要望を本部などに正確にフィードバックするといった場面でこれまでの経験やスキルが役に立つ場合が多いです。
また、営業職とは一見無関係に見える事務職の経験がある方なら、事務処理や正確性が求められる場面で経験が生きることがあります。
さらに、あまり職歴が無い方でも、お子様がいて子育ての経験があれば、お母さん目線が必要な商品ではその経験や視点を生かしながら、売り場の商品陳列をおこなったり、販売店の自社製品の陳列などで創意工夫をすることができるでしょう。

おわりに

ここまででラウンダーの仕事にあると役立つスキルや経験などについてご紹介しました。
ただし、ご紹介したようなスキルや経験がなくても、これまでの様々な経験を生かすことができるのでそれほど心配する必要はありません。
ラウンダーの仕事を始める方のほとんどが未経験者ということにより横一線でスタートして、実務を通じて必要な知識や経験が習得できるのがラウンダーの仕事のいいところです。