フィールドJOBサーチ|疑問解消!主婦にオススメなラウンダーの仕事と営業の違いとは

「ラウンダー」という仕事は、
昨今ではパートの主婦の方などを中心に、
かなり一般的になってきました。

そうは言っても、具体的にはラウンダーが
どんな仕事なのかがよくわからないという方や、
中には営業の仕事と混同されている方が多いのも事実です。

そこで、ラウンダーの仕事について
簡単にご紹介しつつ、
営業の仕事との違いという観点から紐解いていきます。

ラウンダーの仕事の概要

ラウンダーとはシャンプーや化粧品、健康食品、医薬品などの
自社の耐久消費財や食品などを、
自社製品の売上をアップさせるために販売店舗に出向きます。

具体出来な作業は商品陳列棚のレイアウトに工夫をしたり、
自社製品の陳列場所を目立つところにするように、
自分が担当する販売店舗の店長や責任者などと交渉をしたりします。

1日の勤務の中で複数の販売店舗を訪問し、
売上の状況や店舗に買い物にくるお客様の動向を探ったり、
販売店舗の責任者などに自社の新製品情報を伝え、
要望を伺ったりもします。

自分が訪問するスケジュールをある程度調整できるので、
学校に通っている年齢ぐらいに達しているお子さんがいる主婦の方にも
おすすめの仕事です。
また、パートや契約社員という雇用形態が多いのも特徴です。

営業の仕事との違い

ラウンダーの仕事内容についての概要をご説明したところで、
営業の仕事との違いをご紹介していきましょう。

ラウンダーは営業と同じ会社に所属し、
同じ製品を取り扱ってはいるものの、
両者の仕事には、業務上の責任権限の大きさや
業務内容に大きな違いが見られます。

営業の仕事では自社製品を販売してくれる
小売店側のバイヤーや仕入れ担当者と
価格面や仕入れのロット数などを交渉し、
値引きや仕入れ条件においてある程度まで決済権限を持っています。

もちろん一定条件以上は上司や部門、
会社の承認を得なければならない場合もありますが、
ある程度までは自分の裁量で交渉することができる場合がほとんどです。

これに対して、ラウンダーは販売店舗にて
自社製品の売上が向上するような工夫や店舗責任者との交渉をし、
担当する販売店舗の状況や要望を
自社の本部や営業担当者などに
報告することがメインとなります。

また、ほとんどの営業がフルタイムで働く正社員なのに対して、
ラウンダーの多くは派遣やパート職であり、
1週間の勤務日数もフルタイムよりも就業日数が
数日に限定されている場合も少なくないようです。

現場監督のようなラウンダーの仕事

ラウンダーの仕事と営業の仕事との違いで言えば、
ラウンダーは現場監督のような存在に例えることができるかもしれません。

家を建てる際に、
住宅展示場で好きなハウスメーカーに
家の建築を依頼するケースを想定してみましょう。

その場合、まず家を建ててくれる
ハウスメーカーの営業担当者が
設計士や下請けとなる工務店や大工さん、
さらに彼らの仕事を現場でチェックし、
設計図面や仕様と異なる場合は
適時指示を与える現場監督の手配をしてくれます。

家の価格交渉を含めて、
一定の権限がある営業担当者がお客様と交渉するのは、
上記のバイヤーや仕入れ責任者と交渉する
消費財メーカーの営業担当者と同じですし、
図面通りの家の建築が進められているか、
さらに必要に応じて指示を大工さんに現場で与える現場監督は、
販売店舗で売り場担当者に指示を与える
ラウンダーの仕事と非常にイメージが似ています。

まとめ

ラウンダーと営業の仕事の違いを簡単にご紹介してきました。
ラウンダーは、営業の仕事ほどの裁量権限はないものの、
自社の顔として小売店に対して接する必要があります。

また、売上アップに貢献した際の喜びや
達成感なども感じられ、
営業の仕事同様にやりがいのある仕事と言えます。