フィールドJOBサーチ|ラウンダーの業務 化粧品メーカー編

ラウンダーと言っても、
所属する会社の業種によって取り扱う商品もさまざまです。

女性の比率が高いラウンダーの中でも、
特に女性の関心が高い化粧品メーカーでの
ラウンダー業務についてご紹介していきます。

化粧品メーカーのラウンダーの業務内容や業務の流れ

化粧品メーカーのラウンダーの仕事ですが、
基本的な業務の流れや業務内容は
他の業種や他の商品を取り扱うラウンダーと
それほど大きくは異なりません。

ラウンダーの基本的な仕事ですが、
ひと言でいえば自社製品を所属の会社の
本部や営業担当者などからの指示に従って、
ドラッグストアなど自分が担当する複数の

販売店舗で販売促進に関わる業務を行うことです。
自分が担当する店舗ですが、
1日あたり数店舗について
スケジュールを組みながら主に車で巡回します。

この販売促進のためにはまず、
販売店舗の売り場責任者や店長などに
自社製品をアピールしたり、
その店舗内での自社製品の陳列棚を工夫したり、
POPと呼ばれる広告を付けて、自社商品をより多くのお客様に
購入していただけるような販促活動をおこないます。

また、新製品を販売開始した際には
店舗責任者にアピールするとともに、
本部や営業部などの指示に従いながら
店頭でのキャンペーンをおこない、
現場でキャンペーンを担当する方への指導などもおこないます。

化粧品メーカーのラウンダーならではの特徴

化粧品は直接、お客様の皮膚や頭皮、
毛髪につけて美容効果などを生み出していく商品です。

従って、ラウンダーとして取り扱う化粧品の多くは、
薬事法と呼ばれる法律に関わってきます。

ラウンダーの仕事の1つに
販売店舗の店頭でのPOP広告を作成したり、
その効果をデモンストレーションやキャンペーンなどを通じて
お客様に直接アピールしたりする機会があります。

化粧品の効能について広告作成やキャンペーンなどの際には
基本的に事実のみを伝え、
誤解を与えないような配慮が
求められる仕事となりますので注意が必要です。
薬事法についての注意事項や詳細については
本部や営業担当者からの指示に従い、
慎重に対応していくことが求められます。

まさに女性ならではの感性が生きる仕事

化粧品は季節的な要因にも大きく影響されるタイプの商品です。
従って季節的な商品の販売促進も考慮しながら、
タイミングよく販売キャンペーンや
店頭POPを用意することも大切になってきます。

例えば、夏の紫外線が強くなる季節には
お肌を紫外線から守るような
UVプロテクターなどの商品を中心に、
本部や営業担当者などの指示をもとに
販売店舗での販促活動に力を入れていきます。

その際、POP作成や陳列棚での
商品レイアウトなどをお客様に見やすいように
より効果的に工夫するなど、
まさに女性ならではの感性を生かすことができる瞬間となるでしょう。

ラウンダーの仕事ではさらに現場の状況や
お客様の反応を本部や営業担当者に報告書や電話、
さらに月単位で行われるミーティング等を
通じて報告する業務も含まれます。

自分が感じたり、考えたりしたことを伝え、
その結果が商品開発や販促キャンペーンの企画内容にも
生かされた場合などは
とてもやりがいを感じることができます。

化粧品メーカーのラウンダーのメリットは?

ラウンダーの仕事は様々な業界に渡りますが、
化粧品メーカーのラウンダーならではのメリットがあります。

それはまず、自分の好きなブランドの
ラウンダーになるとそのメーカーの本部や
系列のグループ販売会社に直接就職するので、
そのブランドの詳細な商品知識や
普段中々聞くことができない
商品開発の裏情報に精通できる点です。

また、ドラッグストアなどのラウンダーと異なり、
現場となるドラッグストアやバラエティショップで
新商品の商品説明や使用方法といった
実演指導やイベントでのデモンストレーションもあります。

従っておのずと最新の商品に直接触れるチャンスも多くなります。
化粧品メーカーのラウンダーの中には
サンプル商品をもらえる職場もありますので、
まさに仕事をしながら好きな商品を
直接手にすることができる職場となるでしょう。

同僚となる方も含めてコスメに詳しい方も多く、
美容やネイルなど話題になっている最新情報が
すぐに直接入手できる点が
化粧品メーカーのラウンダーとして働く醍醐味と言えるかもしれません。

まとめ

今回は化粧品メーカーのラウンダーのお仕事についてご紹介しました。
基本的な業務内容は他の業種や商品と変わらないものの、
自分の好きな化粧品を直接手にしながら
仕事ができる醍醐味があります。

化粧品を取り扱うラウンダーを始めてみようという方は
パートタイムからスタートできるので、
求人案件をチェックしてみてはいかがでしょうか。