フィールドJOBサーチ|ラウンダーの業務 書店編

ラウンダーというと、
家電量販店やドラッグストアでの仕事と
思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そのイメージは確かに間違いではないのですが、
ラウンダーの仕事はそれだけはありません。

書店を中心に新刊本や雑誌、専門書、
さらに文具などのプロモーションをおこなう仕事もあるのです。

そこで書店のラウンダー業務の特長や
メリットなどについてご紹介していきます。

ラウンダーとはどんな仕事なのか?

書店ラウンダーの前に一般的なラウンダーの業務についてご説明します。
ラウンダーの業務は自社の商品を販売している
量販店や営業店舗に定期的に訪問して、
商品棚に陳列されている商品を効果的に
レイアウト変更やPOPと呼ばれる販促ツールを
効果的に張り付けたりします。

売り場を自社に有利に作り変えることで、
売り上げアップを狙うのがラウンダーの主な役割です。

また、各店舗の責任者の方に新商品の案内や提案をするほか、
既存商品の補充や新商品の陳列などの売り場のメンテナンス、
現場で実施される販促キャンペーンなどの
店頭イベントの実施をラウンダーが
中心になっておこなうこともあります。

さらに店舗の責任者から
商品についての質問や要望を受けたりもします。

一般的にラウンダーが活躍するフィールドは
家電製品や化粧品、医薬品などが多く、
実際に応募可能な求人案件も
そのような分野の商品が多いのが特徴です。

またパートタイムや派遣社員として
お仕事をこなす場合が多いですが、
中には正社員の求人もあります。

どの業種であれほとんどの場合は1日に訪問する店舗数は
およそ5、6件で無理なく巡回できますし、
訪問先は郊外にあることが多いため、
車での移動が中心となります。

パート勤務の場合、現場となる店舗には直行直帰での訪問となり、
1週間に巡回する訪問先や
訪問の順番などについてもある程度の裁量があります。

万が一子供が熱を出して家を空けられないといった場合や
急な用事ができても融通が利くのもラウンダーの特長と言えます。

書店のラウンダーの特長や面白さ

書店のラウンダーといっても
基本的な業務は他の業種のラウンダーと
仕事内容や仕事の進め方はとても似ています。

書店のラウンダーの多くは、
自分が担当する書店を訪問して売り場管理のほか、
自社の書籍の在庫状況確認や欠本補充、
書店への新刊の情報提供などがメインのお仕事になります。

書店のラウンダーの場合、
大きく分けて出版社や書店に直接雇用される場合と
ラウンダー専門の派遣会社に雇用され、
その会社が委託を受けている出版社の書籍について
書店で売り場管理をするケースがあります。

いずれにしてもだれよりも早く最新の小説や雑誌、
専門書、コミックなどをチェックし、
その魅力をプロモーションできるので
本好きにはとても魅力的な仕事ではないでしょうか。

想定される読者層に対して自分なりの工夫を加え、
著者の魅力やストーリー展開などについて効果的なPRをおこなえば、
十分売り上げアップにつなげることが可能なポジションです。

自分が立案したプロモーションがヒットすれば、
仕事を超えた喜びを感じることもできるでしょう。

まさに文具好きな方にはたまらない仕事

書店のラウンダーの仕事は
本のプロモーションだけではありません。

中には書籍の売り場管理とは別に、
文具の売り場管理を任される場合もあります。

かわいいキャラクターの入った商品から
おしゃれな手帳などに常に囲まれて仕事ができます。

また、年末には様々なデザインのカレンダーや
手帳など季節的な商品も取り扱うので、
文具好きの方なら効果的なPOPを考えるだけでも
ワクワクする方もいるのではないでしょうか。

まとめ:書店のラウンダーの魅力

書店のラウンダーの基本的な仕事内容は
他の業種と似ていますが、
何よりも最新の書籍や雑誌、
文具に囲まれた環境で仕事ができるのが魅力です。

自分なりのアイデアでフェアの企画の立案や実施をし、
POP広告作成などを通じて本や文具の魅力を
伝えていける仕事が書店ラウンダーの特長と言えるでしょう。