フィールドJOBサーチ|【ついつい買いたくなる陳列】スーパーなどの売り場作りの仕事とは

スーパーなどの小売店では、売り場作りの良し悪しが商品の売上を左右することも多いです。
ラウンダーには、自社の商品がよく売れるような売り場作りが求められます。
自分が考えた陳列方法で売上がアップしたらやりがいも感じられるでしょう。
ここでは売り場作りについてご紹介します。

売り場作りとは

売り場作りというのは、商品のレイアウトや陳列方法を指します。
商品はただ商品棚に並べておけばいいというわけではありません。
お客様にとって分かりやすいようなレイアウトで配置して、見やすく陳列する必要があります。
スーパーなどの小売店では、お客様の目線に立った売り場作りが行われています。
商品をどのように配置すればお客様に買ってもらえるのか考え、レイアウトを決めなければいけません。
売り場作りが商品の売上に及ぼす影響は大きく、売り場作りを行わずに商品をただ山積みにしていたとしたら、売上を維持することは難しいでしょう。
お客様が買いたい商品があったとしても、それを見つけてもらえず、売れるチャンスを逃してしまう可能性もあります。
反対に、上手な売り場作りをすることによって自社の商品を選んでもらえることもあります。

購買意欲を促進する売り場作りが大切

売り場作りをする場合、自社の商品の中でも特に力を入れて売りたいイチオシ商品を意識しましょう。
イチオシ商品がお客様の目に入りやすいように、なるべく目立つ場所に配置します。
他の商品より大きなPOPを作ることも効果的であり、遠くから見てもその場所にイチオシ商品があると分かります。
棚割りも他の商品よりも配分を多くするのが望ましいほか、季節や年中行事などにちなんだ商品は売れやすいため、時季ごとにイチオシ商品を変えてみるのも良いかもしれません。
まとめ買いを狙うのも、売り場作りでよく行われている手法です。
例えば、ティッシュペーパーなどの消耗品などの側についで買いを狙って陳列することにより、お客様の目に留まりやすくなります。
また、陳列場所の上下位置や左右中央などで売上に差が出ることが多いです。
上下位置に関しては、目に付きやすいかどうかだけでなく商品の重さなども考慮して決めることも大切です。

売り場作りの仕事はラウンダーがオススメ

売り場作りの仕事のイメージから、面白そうだと思う人も多いのではないでしょうか。
このような仕事に興味がある方は、ラウンダーの仕事が向いているかもしれません。
例えば、主婦の方なら普段スーパーで買い物をしていて、「売り場がもっとこうだったらいいのに」と思うこともあるはずです。
ラウンダーは、そのような主婦ならではの感覚も活かせるので活躍できる可能性が高いです。
仕事内容としては、店舗で担当するメーカーの商品を陳列・販促活動を行います。
陳列業務や販促活動が商品の売上を左右する面も多く、売上に貢献できるためやりがいにも繋がります
売り場作りはラウンダーの陳列業務の一環として行うため、売り場作りが自分に合っていると感じたのであればラウンダーの求人に応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラウンダーが巡回先店舗で行う売り場作りに関して紹介しました。
売れやすいレイアウトを考えたり、目立つPOPを作ったりと楽しい仕事です。
レイアウトや陳列方法を変えるだけで、売れ行きが大きく伸びることもあります。
ラウンダーの仕事を始めるなら、良い売り場作りに挑戦してみてください。
フィールドJOBサーチではラウンダーの求人情報が多くあります。
上手く仕事が出来るか不安な方のために、研修やフォロー制度もあるため安心してご応募ください。